衣料クラベラ事業部 スポーツ部

2019年入社

衣料クラベラ事業部 スポーツ部

Work - 仕事内容

所属する部署の役割

  私の所属する部署は、クラレトレーディングの3つの機能のうち「付加価値型」機能(メーカー機能)の役割を担っています。メーカーとして自社で製造した機能糸を単に販売するだけでなく、生地にし、縫製品にすることで新たな価値を付与して販売をおこなっています。糸~生地~製品まで、すべての段階でお客様と一緒に開発し、モノづくりできるところが魅力だと感じます。

現在の仕事

 現在私は、スポーツアウトドアメーカーへ縫製品の販売を行う部隊の営業担当をしております。入社してまだ2年ですが、生地の発注、服飾資材の納期管理、縫製工場の生産・品質管理、お客様への納品までのほとんどすべての業務に携わっております。新規開発にも現在挑戦中で、部署の会議で提案した企画が社内で高評価、企画案採用となり、実現に向け日々奮闘中です。
 スポーツ部での仕事は毎日刺激的で充実しており、とても楽しく過ごせています。その反面、「すき」を仕事にしたので、オンとオフの切り替えの難しさはあります。仕事が終わってからも、休みの日も、自分のすきな洋服に関わること、ウィンドウショッピングやネットサーフィンなどをしているときに、いつの間にか仕事につなげて考えてしまったり、夢の中でも仕事をしていたり、と、かなり私生活の領域に仕事が入り込んできてしまっているのは考え物だな~と思っています。しかし、店頭で自分が担当した洋服が並んでいるのを見たとき、お客様が着ているのを見たときなど、とてもワクワクして、やりがいを感じています。

Reason - 入社動機

 アパレルでのアルバイト経験から、だいすきな服に携われる仕事をこの先もしていきたいと思い、「衣」に関する業界を志望していました。また、アルバイトをしている中でお世話になった繊維商社マンに憧れ、単にモノを販売するだけでなく「モノづくり」に興味を持ちました。そんな中で出会ったクラトレはメーカー系商社として、クラレの技術力を活かし、その技術力に新たな価値を加え、お客様のニーズに沿ったモノづくりをしているところに魅力を感じて入社を決めました。実際、クラレトレーディングは同業者の中でも唯一糸を開発できる自社工場を持っているので、糸から製品まで、自社で完結できるのは強みだと思います。また、人も優しい人が多いです。みんな忙しくても、明るく元気ですし、相談しやすい雰囲気を作ってくれています。

1

Episode - 入社後の苦労

 入社してから苦労していることとして、海外拠点の現地スタッフとのコミュニケーションの取り方があります。日本語の話せるスタッフ、英語でしかコミュニケーションが取れないスタッフ、と様々なのですが、育った環境や文化、現在の仕事での立場など違っていることばかりで、なかなか自分の考えていることや指示している内容が伝わらず、歯がゆい思いを何度もしてきました。日本語が話せるスタッフとの間で起きたことですが、変更の指示のメールを入れた際に、へりくだった回りくどい言い回しのメールをしたことで、日本語が母国語ではないスタッフにとっては指示の内容が明確に分からず混乱し、現場が止まってしまったという経験もあります。相手の目線で物事を考える必要性や、自分の伝えたいことを簡潔にまとめる力、表や写真などのノンバーバルな表現手段を併用して伝えるなどの重要性を改めて実感しました。今ではお互い信頼関係ができ、早い段階で連絡を取り合えるようになりました。

Challenge - 今後の目標

 目先の目標でいうと、来年からチーム全体を見る仕事をやらせていただくので、一緒に働いているチームのメンバーの方々が仕事しやすいように、一つ一つは細かい仕事に見えるかもしれませんが丁寧に業務にあたっていけたらいいなと思っています。入社してすぐに、事業部長や部長から、「“営業担当”といってもただ売りにいくだけが営業の仕事とは限らない」と教えていただき、当時は売りに出てこそ営業として価値があると思っていましたが、1年半働いてみてやっとその言葉の真意を理解できたように思います。どんな業種でもそうだと思いますが、特に縫製品の製造販売はひとりでできる仕事はなく、社内社外ともに協力者あってこその仕事なので、全体をみるにあたって、この考え方を大切にしていきたいです。
 大きな目標でいうと、クラレの技術を活かした製品をより多くの人に手に取ってもらえるようD2C(DIRECT TO CONSUMER)のビジネスモデルに挑戦していきたいと思っています。まだ企画を練って社内に提案している段階ですが、実現させることができたらいいなと思います。

掲載内容(所属・業務内容)は取材当時のものです

● 他の社員を見る