可樂麗貿易(上海)有限公司

2009年入社

可樂麗貿易(上海)有限公司

Work - 仕事内容

 私は入社後5年間、化学品部で主に溶剤の国内営業担当をしました。当社で取り扱っている溶剤は、塗料やインキといった工業用途のほか、洗浄剤や芳香剤といった用途にも使用されており、国内営業では材料商社の営業という立場で、多くの産業の購買や開発の方々との商談を重ね、業界毎の専門用語や商習慣を学びながら、営業業務の素地を作る事が出来ました。また、既存顧客の担当のほか、新規顧客開拓も担っていた事から、ゼロから仕事を創りあげていく大変さや喜びも経験しました。特にこれまで溶剤で取引がなかった国内メーカーへ溶剤の飛び込み営業を行った時には門前払いされた事もありましたが、諦めず新規顧客開拓を続けた結果、新たな商売を作る喜びも経験できました。

 その後エラストマー部へ異動となり、約1年間同部署での営業経験を積んだ後、上海現地法人に赴任。現在は上海のエラストマー部部長代理として現地社員と共に営業活動をしながら、販売、在庫運営など各種マネジメント業務や現地社員への教育を行っています。

 クラレトレーディングは日本国内だけでなく、アジアを中心とした多くの国に販売拠点を設けており、やる気のある社員に対しては比較的若い年次でも、チャンスを与えてくれます。事実、私も日本国内での仕事が評価され、入社7年目から上海拠点に駐在しています。国内業務で培った経験をもとに、クラレグループ製品販売のための在庫拠点の立ち上げ、新しい加工商材の販売促進活動など多くの事にチャレンジしています。

Worth - やりがい

 私が駐在している中国は日本に比べ経済規模も大きく、経済成長率も高いため、日々の営業活動の中で様々なビジネスチャンスに出会える事がやりがいの一つです。また、現地で副部長という立場になり、日本で営業として働いていた時には分からなかったマネジメントの視点を持って業務に関われるようになった事も良かったと思います。中国に駐在したことで、営業業務のみならず物流関連や展示会の出展業務など幅広い業務を中国の現地スタッフと協力しながら体験できることもとても勉強になります。一方で、中国という文化も商習慣も異なるの中で働く事で価値観の違いへの理解不足から自身の未熟さや、勉強不足により、いろいろと失敗をして社内外に迷惑を掛けた事もありますが、同じ失敗を二度繰り返さないという気持ちで業務に臨んでいます。

Episode - エピソード

 上海の現地法人に赴任後、中国での販売力強化を目的として中国華南地区で保税品の在庫販売を開始した際、私は在庫販売の立ち上げ業務に深く関わりました。これまでは営業担当として取り扱い製品を販売する事に注力しておりましたが、中国で在庫運営を行っていくうえでの業務フローの作成や在庫管理方法の確立など従来とは異なる業務を行いました。初めは分からない事ばかりで、周りの方々に迷惑をかけた事もありましたが、持ち前の粘り強さで熱心に取り組んだ結果、無事中国での在庫販売を開始する事が出来ました。現在では、在庫販売をしているという点が競合他社との差別化にも繋がり、中国でのビジネス拡大に大きく貢献しております。

Schedule - 1日のスケジュール

07:15            : 出社
07:30-08:30:中国語の学習
09:00           :業務開始
09:00-10:30:デスクワーク(メール処理)
10:30-11:30:取引先との打ち合わせ
12:00-13:00:昼食
13:00-15:00:デスクワーク(午前中の取引先との面談レポートの作成)
15:00-16:00:社内打合せ
16:00-17:45:デスクワーク(メール処理)
18:00-          :帰宅

Challenge - 今後の目標

 これまで注力してきた中国市場でのクラレグループ製品の販売活動に加えて、中国国内で加工度を上げる取り組みに挑戦していきたいと思います。クラレグループ製品の多くは、中国顧客の評価も高く安定的な取引が出来ているものの、一部の商材は年々競合品との競争が激しくなっており、商品の差別化を図るためにも、中国国内で製品に少し手を加えるような活動が今後重要になってくると考えています。具体的には、中国顧客が求める梱包仕様に変更したり、顧客の要望に合わせて製品を加工したものを提供したりとまだアイディア段階ですが、今後も中国で商売を伸ばしていくためにはこのような取り組みにも力を注いでいきたいと思います。

※掲載内容(所属・業務内容)は取材当時のものです