ヒューマネージの生活

2020.05.18

オン飲みテアテ、はじまりました☺

先日の記事の通り、ヒューマネージでは現在、時差出勤や一部社員の在宅勤務、交代制での出勤などを実施中。仕事でもそれ以外でも、“いつもと違う日々”が続いています。

「仕事中の独り言に、突っ込んでくれる人がいない…」
「そろそろ会社のメンバーにくだらない話を聞いてほしい…」

そんな声にお応えして、話題のオンライン飲み会に関する企画、「オン飲みテアテ」がはじまりました!

オン飲みテアテとは、会社のオンライン飲み会に対する費用補助で、ひとり一律1500円/回が支給されます。「集まりの属性が明確(例:同期、フットサル部メンバー、××プロジェクトメンバー等)で、該当者全員に案内すること」が条件(参加はもちろん任意です)。加えて、お酒やおつまみ購入の領収証は不要で、“参加者全員が映った画面の写真”と“開催レポート”がバウチャーという、ちょっとユニークな制度です。

このカジュアルさ(利用のしやすさ)のおかげで、スタート以降、部署単位はもちろん、新卒/キャリア入社組まとめての同期会や、寮生飲み、女子会、男子会など、部署や年次を超えて、さまざまな組み合わせのオンライン飲み会が開催されています。

バウチャーの写真撮影はみんなキメ顔(CMみたい)
バウチャーの写真撮影はみんなキメ顔(CMみたい)
ワンちゃんも参加!の部署女子会
ワンちゃんも参加!の部署女子会
オン飲みテアテの封筒には、ビールのスタンプ。かわいい
オン飲みテアテの封筒には、ビールのスタンプ。かわいい

実施する前は「オン飲みって盛り上がるのかな…?」という声もきかれましたが、100%杞憂(よかった)。トークテーマを設けてリレー形式でつないだり、質問コーナーを設けたり、大人数の場合は小部屋を用意してシャッフルしたりと、盛り上がるオン飲みの方法も自然とシェアされて、楽しいひとときを過ごせています。途中でお子さんが登場して、メンバーのパパの顔orママの顔がみられたり、パートナーの方がご挨拶で顔を出してくださったり、というのもオン飲みならでは。個人的には、オン飲みをやって、「オフィスでかわす何気ないやり取りや、冗談言って大笑いすることって、すごく大切だったんだな…」と改めて認識しました。

みんながオフィスに集まれるのは、残念ながらまだ先のこととなりそう。それまでは、仕事でもオン飲みでも、画面越しに場を共有して、前に進んでいきます。

それでは、次回の #ヒューマネージの生活 もお楽しみに!