Recruiting Site

interview

マンション営業コンサルタント

title

2016年度入社

K.A.

文学部史学科卒。お客様 と長期的に関係を構築していく不動産管理業に惹かれ、東急コミュニティーに入社。現在はマンション営業コンサルタントとしてタワー型マンションの防災センター所長(現場責任者)としてスタッフを率い管理業務を推進する。趣味は、仕事終わりや休日にプロ野球観戦をすること。

work_ppl01
career
work_mv_line

1年目

東京北支店に配属。先輩同行等のOJTを経て9月より担当を持つように。翌年1月に管理業務主任者試験合格後、本格的に複数マンションを担当。

3年目

組織変更により所属が東京中央支店に。11月より、東京中央支店の代表として、全社CS向上PT(お客様満足度を高めることを目的とした社内プロジェクトチーム)にも参加。

4年目

6月に虎ノ門支店に異動。新たなエリアで引き続き複数のマンションを担当。

6年目

6月、ソリューション営業部に異動。現在は防災センターの所長として都内のタワーマンションに常駐勤務。現地でマンション管理組合運営及び日常対応をおこなっている。

01_img01

入社の動機

就職活動を始めた当初は漠然と不動産業界を志望し、ディベロッパーで街づくりに携わりたいと考えていました。東急コミュニティーを知ったきっかけは、社名を見かけて何気なく参加した学内説明会。このとき初めて「不動産管理会社」の存在を知ると同時に、マンション管理の魅力を知りました。私はじっくり人間関係を築くことが好きだったので、「モノを売って終わり」というスタイルの営業よりも、お客様と長期的にお付き合いしながら仲を深め、お役に立てるマンション管理のほうが向いているのではないか、と感じました。東急コミュニティーを選んだ決め手は、会社説明会から最終面接まで、出会う社員が全員とても明るくて親切だったこと。配属後も「アットホームな雰囲気」は変わることなく、OJTのときはもちろん6年目の今も、先輩方にはいつもよく話を聞いてもらっています。

現在の仕事

マンション営業コンサルタントの役割は、分譲マンションのオーナーの集まりである管理組合の運営をお手伝いすること。以前は複数棟のマンションを担当し、1棟当たりの規模は多くて100戸前後したが、現在は総戸数300以上のタワーマンションの所長として常駐勤務し、1棟専任で担当しています。管理員、コンシェルジュ、警備員、清掃員などの現場スタッフをマネジメントしながら、設備トラブルへの対処といった日常業務や、長期的な防災計画・修繕計画などを手掛けています。所長になって変わったことは、1棟専任になったおかげで通常の維持管理+αの提案まで1棟に集中してじっくり考えることができるようになったこと。直近では、昨今増えている地震等自然災害へのマンションでの防災対策に関して、会社で作成されている資料等もフル活用しながらマンションにあった対策を提案していきたいと考えています。マンションに常駐しているため巡回中にお客様(お住まいの方)と顔を合わせる機会も多く、より密接にコミュニケーションをとれることがうれしいです。

01_img02

プロフェッショナル
としての成長

入社1年目の時に、担当するあるマンションで開かれた、所有者が一堂に会する総会でのこと。その日初めて顔を合わせた新役員のおひとりが、同席していた私の上司に「若い担当者だけでは心配だからしばらくの間、上司のあなたも理事会に同席してほしい」と仰っているのが耳に入ってしまったのです。若手であるとはいえ、すでに半年近くそのマンションを担当していた私はショックでした。しかし、「お客様に不安を感じさせるようでは一人前とは言えない!」と考え、対応の仕方や取り組む姿勢を見直すことに。点検・工事などの専門部署の力も借りて丁寧に資料を作成し、「お客様にわかりやすく説明するためには、まず自分が完全に理解しなければならない」という高い意識を持って毎回の理事会に臨みました。そして1年たったころ、当初不安そうにされていたお客様から「今後も、できる限りうちの担当を続けてね」というお言葉をいただけたことで、「自分の努力は間違っていなかったんだ!」と嬉しく思い、自信になったことを鮮明に覚えています。

これからの
ビジョン・目標

タワーマンションの所長経験はまだ浅いため、タワーマンションならではのスタッフマネジメントや設備面の知識、清掃・点検・工事の進め方などを、まずは一通り覚えていきたいです。その先のキャリアとして挑戦していきたいのは、自分のこれまでの経験を活かしてマンション管理という業務自体をより働きやすいものに改善していくこと。マンション管理はお客様の生活を支え、感謝いただけるやりがいのある仕事ですが、お客様との契約内容に基づいて「提供できること・できないこと」をしっかり区別しなければならない難しさもあります。そうしたルールを整備し、誰もが今まで以上にこの仕事を楽しく続けていける環境をつくっていければいいな、と考えています。

schedule
  • 9:00

    出社。夜間や休み中にコンシェルジュ・警備で受けた電話連絡などがあれば折り返し対応。

  • 9:40

    防災センタースタッフで全体朝礼。警備員から前日から朝までの報告、コンシェルジュから各施設の予約状況などを報告。

  • 〜13:00

    入居者や協力会社からの連絡対応。清掃状況チェック、資料作成など。

  • 13:00

    昼食。

  • 14:00

    警備員や他スタッフとのコミュニケーション。マンション管理組合の役員などへのメール配信。

  • 18:00

    退勤。

timeline
  • 1年後

    現担当マンションの大規模修繕工事実施に向けて、管理会社としてのアドバイスを積極的に行い、必要とされる管理会社・担当者を目指す。着工~完工まで一連の流れを担当者として習得。

  • 5年後

    自ら「模範となる担当者」の一例となり、培った経験やノウハウを後輩・若手社員などに伝えていけるような立場に。

  • 10年後

    チームを指揮する立場として、チーム員の能力を最大限に引き出し、課題解決、業務の進捗管理などのマネジメントを行う。

東急コミュニティーのココが魅力!

01

教育制度

マンション管理に必須「管理業務主任者」資格試験に対し、会社からサポート得ながら講習を受講し、試験に合格できたことです。仕事をしながらの学習は苦労もありましたが上司や先輩の方々にも教えて頂いたりととても手厚くフォローしてもらいました。

02

福利厚生

会員制のリゾート施設「東急ハーヴェストクラブ」を休日に活用しています。全国にある素敵なリゾート施設を会員価格で友人や家族と一緒に利用できるので、とてもお得です。私は入社してからすでに10回以上使っています!

03

社風

これまで私が経験した職場はすべて、何かあったときには上司や教育担当といった役割に関係なく、誰でも相談すれば一緒に親身になって考えてくれる環境でした。当社はマンション管理の実績が豊富なので、他のマンションでの対応事例を共有してもらうことで、たいていの課題はスムーズに解決することができます。

script

© Copyright TOKYU COMMUNITY CORP. All rights reserved.