interview_rel_02

担当する医薬品の品質保証チーム員として、

トラブルを乗り越えられた時や、自分自身のパフォーマンスに

感謝してもらえた時に大きな喜びを感じています。

2018年入社 薬学部卒

Q1.業務内容とやりがいは?

品質保証の業務は大学の講義等では学ぶ機会が少なく、あまり馴染みのない職種だと思います。私自身も、実際に様々な業務を経験させて頂きながら理解を深めているところです。シオノギの品質保証部には、大きく、GLP、GCP、GVP、GMP関連の業務があり、私は医療用医薬品の製造管理及び品質管理に携わる業務(GMP領域)に取り組んでいます。具体的には、担当する医薬品を製造している製造所の管理や、品質保証業務に係わるコンピュータシステムの構築・管理を行っています。社内外を問わず国内・海外の方々とのコミュニケーションも多く、皆さんと協力してシオノギ品質を守り抜くことが重要です。担当する医薬品の品質保証チーム員として、トラブルを乗り越えられた時や、自分自身のパフォーマンスに感謝してもらえた時に大きな喜びを感じています。

【注釈】

GLP:医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準に関する省令

GCP:医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令

GVP:医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品の製造販売後安全管理の基準に関する省令

GMP:医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令

Q2.実際に、入社してみて率直な感想は?

入社当時は、品質保証業務に関する理解が十分ではなかったため、まず初めに、業務内容の幅の広さに驚きました。GLP、GCP、GVP、GMPの領域があり、研究開発から市販後までの薬のライフサイクル全般に対して、品質保証の観点から携わることができます。また、国内外の様々な法規制を理解し、遵守する必要があり、求められる知識量も非常に多いと感じています。このような幅広い業務に対応するために、品質保証部には各領域のスペシャリストが数多く集まっていることにも気づきました。経験豊富な先輩方から、日々、専門的な知識を学ぶことができる点は、品質保証部の大きな強みだと感じています。また、他部署の方々との関りも多く、製薬企業で働く一員として、広い視野を持つことができる点も品質保証部の魅力だと感じています。

Q3.職場の環境や雰囲気は?

シオノギの品質保証部のメンバーは、親しみやすい方が多く、わからないことがあればすぐに質問することができ、一人一人の疑問にしっかり向き合って下さる温かい雰囲気の職場です。一方で、業務を進めるなかで、解決策や対処法等をディスカッションする機会も多く、その際には各々の意見をしっかりぶつけ合うことができる環境であり、活気にあふれた明るい職場だと感じます。また、他部署と比較すると、経験豊富な方が多い部署ではありますが、部署全体として、挑戦することを大切にしており、新しいことを積極的に取り入れていく柔軟な組織です。このようなアクティブな環境が、部員相互の活性化や、一人一人の成長へと繋がっていると感じています。

Q4.日常の失敗や悩みはどのように解決している?

幸いなことに、周りの方々に恵まれ、とても温かい環境であるため、たとえ失敗してしまった場合でも、解決策や対処法を共に考えて下さる先輩方が多く、日々温かくサポートして頂いています。一方で、温かい環境に甘えすぎず、自分自身で切り拓いていく姿勢も大切にしなければいけないと感じています。また、部内の先輩方はもちろん、他部署の同期や先輩方との交流も大切にし、楽しさや苦労、喜びを共有することで、自分自身のエネルギーに変えています。品質保証部に限らず、シオノギには、本当に素敵な先輩方や同期が多く、このような出会いは、かけがえのない財産だと感じています。

Q5.今後、チャレンジしていきたいこと、将来の夢は?

品質保証部の業務内容は多岐に渡っており、膨大な知識と経験が必要だと感じています。今後は、まだ経験したことのない臨床試験段階でのGMP領域の業務や、GCP・GVP領域の業務にも挑戦し、知識と経験を培っていきたいと思います。部内のみならず、部外の業務にも興味があるため、部門を超えた未知の業務にも挑戦し、幅広い視野を身に付けたいと思います。また、現在の業務を通して、海外の方々と共に働く楽しさや難しさを日々感じているため、英語力、コミュニケーション能力を磨き、いち早く、世界中で活躍できる人材になりたいです。将来的には、自分自身の武器を持った上で、品質保証のスペシャリストとして、海外と日本の法規制の調和や、品質保証業務の在り方に関しても考えていきたいです。

Q6.就職活動されている方へのメッセージを!

多くの方にとって就職活動は初めての経験であり、様々な発見や、悩みや、喜びなど、刺激的で充実した日々を送られていることと思います。就職活動への取り組み方や気持ちの持ち様は人それぞれかと思いますが、私はスポーツ選手がスカウトを獲得するような気持ちで取り組んでいました。自分自身の特性を理解し、企業の特性を知り、自分が働きたいと思う企業に対して、自分自身を最大限にアピールすることを意識していました。就職活動中に得た知識や経験、人脈は、入社後、ますます貴重なものとなっています。皆さんも、無理せず、自分らしさを大切にして、全力で取り組んでください。その結果、皆さんと一緒にシオノギで働くことができることを楽しみにしています。