臨床開発_今岡さん

日々の業務において、判断軸を養い、

チームを主体的に牽引していくことで、

グローバルリーダーとして活躍するための能力を

開発していきたいと考えています。

2018年入社 薬学部卒

Q1.あなたの現在の業務内容を教えてください

私は臨床開発部に所属しています。臨床開発部では、研究部門が開発した候補化合物を各国規制当局に薬として認めてもらうために、有効性及び安全性に関するデータを集める臨床試験を運営することがメインの仕事となります。具体的には、医療機関を訪問し治験データを収集(モニタリング)したり、治験業務を委託している外部ベンダーと折衝をしたり、治験を計画通りに行うために社内の関連部署を取りまとめたりするなど、業務内容は多岐にわたります。
臨床試験には、社内外問わず様々な役割を持ったメンバーが関わるため、治験を遂行していくために、各メンバーと密に連携を図りながらチームで協働することが重要となります。

Q2.社内の雰囲気は?

経験豊富な先輩ばかりで、業務に関して分からない事があればいつでも親身に相談に乗って下さいますし、仕事の話だけではなく、プライベートの事までフランクに話せる雰囲気があります。また、若手でも、モニタリング業務だけでなく、例えば、治験支援業務委託会社(CRO)のオペレーション等の重要な業務を経験させてもらえるので、自分が成長していける場所だと感じます。

Q3.ヤリガイは?

臨床試験を通じて、自分たちが世に送り出そうとしている新薬の可能性や、患者さまや医療従事者からの期待値を実感できることです。実務では、現場の医師や医療機関のスタッフ等とコンタクトを取りながら臨床試験を進めていくため、医療現場との距離が近いのが特徴です。医師や医療機関のスタッフ等とのコミュニケーションを通じて、アンメットニーズや新薬への期待など、“生の声”をキャッチ出来るため、大きなやりがいを感じます。また、シオノギにおける臨床開発部は、臨床試験を完遂するために社内外の様々なメンバーを取りまとめる“リーダー”としての役割も担っています。新薬を世に届ける、というゴールに向かって、自分自身が中心となり、チームをまとめながらプロジェクトを推進していくため、大きなやりがいを感じます。

Q4.今後チャレンジしたいことは??

シオノギでは、外資系の製薬企業とは異なり、国際共同治験においてグローバル拠点の中心となってプロジェクトを推進できます。私自身は、現在国内試験に従事していますが、将来はグローバルリーダーとして、国際共同治験に携わりたいという夢があります。国際共同治験となると、国内試験に比べ、意思決定の精度やリーダーシップが更に高いレベルで求められますが、日々の業務において、判断軸を養い、チームを主体的に牽引していくことで、グローバルリーダーとして活躍するための能力を開発していきたいと考えています。

Q5.就職活動されている方へメッセージを!

開発業務自体は、恐らくどの会社でも内容に大きな違いは無いと思います。その中で私が就職活動時に大事にしていた企業選びの軸は、“将来こんな仕事をしてみたい”という思いを叶えることが出来そうかどうかでした。シオノギでは、若手でも重要な業務を経験させてもらえますし、マネージャーもキャリアについて親身に相談に乗って下さいますので、企業選びに間違いは無かったと日々感じています。
就職活動は人生の大きな節目の一つです。様々な企業や職種に興味を持って、ご自身の大事にしたい軸と一致する企業を見つけて頂ければと思います。